プログラミングを学ぶなら独学か?スクールか?3つの判断基準で解説

最近ではプログラミングスクールも充実してきており、プログラミングを学習を始める上で独学で取り組むかプログラミングスクールを利用するか迷っている方もいらっしゃると思います。このページではそんな方向けに、独学を選ぶかプログラミングスクールを選ぶかの判断基準について解説したいと思います。

判断基準1:あなたがプログラミング学習で到達したいレベル

まず考えていただきたいのが、あなたがプログラミング学習で到達したいレベルはどこでしょうか?

プロのプログラマーを目指していない方、例えば「プログラミングの知識をとりあえずつけておきたい」「プログラミングしてみたい」「就職後にプログラミングに困らない程度」くらいのレベルが目標なのであれば、独学で十分である可能性が高いです。

逆に、「自分でアプリを開発したい」「フリーランスとして働きたい」「転職してプログラマーの即戦力として活躍したい」など、プログラミングでお金を稼げるプロのプログラマーレベルまでプログラミング学習で到達する必要があるのであればプログラミングスクールを利用することをオススメします

例えばTechAcademyではカリキュラムにオリジナルのサービスやオリジナルのアプリを公開が組み込まれていますので、あなたをプロのプログラマーレベルまで到達するためにしっかりサポートしてくれます。

ただし、到達したいレベルは最終的な目標ではなく、あくまで自身のプログラミング学習で到達したいレベルで考えてください。

特にこれから新卒で就職するという人であれば、入社後に新人研修とOJTによりプロのプログラマー(その会社でプロとして働けるレベルのプログラマー)までみっちり教育を受ける可能性が高いです。特に大企業では研修も充実しています。ですので、入社前にプロのプログラマーレベルのスキルがなくても、入社後にそのレベルまで到達する事が可能です。実際に私も入社後にプログラミング関連の研修を受け、研修後もOJTでプログラミングについて学ぶ事ができました。

要はプログラミングスクール並みの教育を会社が行ってくれるのです。したがって、これから新卒で就職する人は独学でプログラミング学習をするので良いと思います。

判断基準2:あなたの現状のプログラミングレベル

もしあなたが、一つでもプログラミング言語(C・Javaなど何でも良い)を習得している(プログラミングできる・参考書を一通り理解している・研修を受講したことのあるなど)プログラミングレベルなのであれば(もしくはそれ以上であれば)、独学で十分な可能性が高いです。プログラミングは1種類のプログラミング言語の基礎を習得できていれば、他の言語を理解するのは比較的簡単です。

プログラミングを全くやった事がない方は、まず自分でPCに開発環境を作成し、参考書やネットの情報を基にプログラミングの学習を始めてみてください。プログラミングの開発環境の作成方法は「自分が学んでみたい言語 自分のPCのOS 開発環境」等で検索すればすぐに見つかります。例えば学びたいプログラミング言語がJavaで、あなたのPCがWindowsなのであれば、「Java Windows 開発環境」で検索すればオーケーです。

とりあえず開発環境は作成でき、参考書で学習進められそうなのであれば、全くのプログラミング初心者の方でもまずは独学で学習を開始するので良と思います。

「検索してみても開発環境の作成方法が理解できない」「参考書を読んでも何を言っているのかさっぱり分からない」「プログラミング学習のスタート地点から動けない」という方はプログラミングスクールの利用がオススメです。

正直言うとプログラミング学習では学習を始めるところで挫折する人が多いです。なのでスタート地点から動き出せないから自分に才能がない・自分に向いてないと思う必要は全くありません。プログラミング学習をスタートする事自体がプログラミング学習の大きな壁なのです。

現在プログラミングの仕事をしている方でも、プログラミング学習の最初はサポートを受けた(例えば学校で習った・会社で習った等)人が大半です。なので、そういった方同様に、サポートを受けた方がスムーズにプログラミングを始める方が良いと思うのです。なのでプログラミングスクールでサポートを受けることをオススメします。

スポンサーリンク

判断基準3:あなたが費やせる学習期間

あなたが到達したいプログラミングレベルに到達するまでに費やせる期間はどの程度でしょうか?

もしそれが3ヶ月・半年程度の短い期間であればプログラミングスクールを利用することをオススメします

独学は時間がかかります。なぜなら、プログラムのエラーや不明点が発生した時に自分で解決する必要があるためです。もちろん検索して問題を解決することはできますが、それでも問題が発生するたびに調べる必要があるので時間がかかります。

それに対してプログラミングスクールでは質問をすればすぐに講師やメンターから回答を得る事ができます。なので独学に比べるとプログラミングスクールを利用する方が時間効率は良いです。言ってしまえばお金で時間を買うようなものです。

例えば、転職をするために、できるだけ早く自分のプログラミングスキルを向上させる必要がある場合はプログラミングスクールを利用する方が良いと思います。

逆に学習に費やせる期間が長い(例えば学生生活4年間かけてゆっくり学べる)のであれば、独学の方がオススメです。なぜなら自分で問題を解決する力が付くからです。検索で問題を解決するにしても、検索する力がつきますし、質問サイトで質問するにしても、良い回答を得るための質問力が身につきます。プログラミングの仕事をしていても、不明点や上手くプログラミングが動かないなど問題はたくさん出てきます。この問題を自分で解決していける力を得られる点は、将来プログラマーとして働く上での独学の大きなメリットです。

3つの判断基準を総合して選択

ここまで3つの判断基準について解説しました。独学で学習するかプログラミングスクールを利用するかは基本的にこの3つの判断基準を自分に照らし合わせ、総合的に判断するので良いと思います。

例1

例えば転職を考えており、「転職したい企業が即戦力のプログラマーを要求している」「半年以内に転職先を決めたい」「プログラミングはやった事がない」という人であればプログラミングスクールを利用することをオススメします。中途採用でプログラマーを目指す人が一番プログラミングスクール利用に向いていると思います。

例2

大学2年生で、「就職したい企業が即戦力のプログラマーを要求している」「プログラミングはやった事がない」「大学2年生なので3年間学習期間がある」と言うのであれば、十分時間があるので独学でプログラミングを学習するので良いと思います。

例3

大学4年生で、「入社後にプログラミングを使うので学んでおきたい」「半年以内で学びたい」「プログラミングはやった事がない」という人であれば独学で良いと思います。新卒であれば入社後の研修・OJTでプロのプログラマーまでの成長を会社がサポートしてくれると思います。

ただし、上記の3つの判断基準で独学の方が良さそうと判断できても、プログラミングスクールの利用がオススメの場合もあります。それは、独学で挫折した場合です。独学でプログラミング学習を始めてみたけど分からないところが出てきて諦めた・モチベーションが保てなくてプログラミング学習を辞めてしまった、という方で、それでもプログラマーになりたい!という方にはプログラミングスクールをオススメします。

プログラミングスクールであればメンターや講師がいますので、分からない点がなくて不明点が出てきても質問すればその答えを得る事ができます。また課題の設定や面談などによりモチベーションを上げる手助けもしてくれます。

オススメのプログラミングスクール 

オススメのプログラミングスクールは「TechAcademy」です。TechAcademyの特徴は下記の通りです。

オンライン完結型

教室に通う必要がなく、すべてオンラインで完結するプログラミングスクールになります。なので、どこに住んでいても利用する事が可能ですし、通う必要もないので通学の時間もかかりません。15時から23時の間であればチャットで質問する事であなたの疑問点にもメンターが回答してくれます。

コースの種類が豊富

iPhoneアプリからWebサイト開発、ゲーム開発、AIなどの様々なコースが用意されていますので、自分がなりたいプログラマー像に合ったコースを選択する事が可能です。

無料体験で自分に合っているか確認可能

当然プログラミングスクールはお金がかかります。それも結構いい値段がします。例えばiPhoneアプリコースの4週間コース(最短のコース)だと129,000円(税別)かかります。お金払ったけど自分に合ってなかった…、と後悔しないためにも、必ず無料体験で自分に合っているかどうかを判断してから利用するようにしましょう。下のバナーリンクから無料体験に応募する事が可能です。

スポンサーリンク

プログラミングスクール利用の注意点

最後にプログラミングスクール利用の注意点を説明しておきます。

プログラミングスクール利用しても独学は必要

プログラミングスクールはあくまであなたのプログラミング学習をサポートしてくれるものでしかありません。なので、プログラミングスクールを利用し始めたからといって独学しなくて良くなるかというとそうではありません。プログラミングスクールを利用する場合でも独学が中心です。プログラミングスクールはあなたの独学をサポートするものであり、プログラミングは基本的に独学で学んでいくものであることを忘れないようにしてください。

無料体験等をフルに活用する

プログラミングスクールはお金がかかります。それもそれなりにかかります。なので、自分に合ってるプログラミングスクールかどうかを判断できるように、プログラミングスクールを選ぶ際は必ず無料体験等でそのスクールでの学習を体験してから決めるようにしてください

まとめ

独学でプログラミングを学ぶかプログラミングスクールを利用するかどうかの判断基準は「目標到達レベル」「現状のレベル」「学習期間」の3つです。この3つを総合的に考えてどちらの学習方法を選ぶかを判断しましょう。プログラミングスクールを利用する判断をしたとしても、必ず無料体験を行なってから利用するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です