C言語でのbool型の使い方

C言語でbool型を扱う方法の解説ページアイキャッチ

bool 型とは真(true)と偽(false)のみを扱う型のことを言います。

このページでは、この bool 型をC言語で扱う方法について解説していきます。

C言語で bool 型を扱う方法

C言語で bool 型を扱う場合、ヘッダー stdbool.h をインクルードする必要があります。この stdbool.h をインクルードすることで、bool 型を使用することができるようになります。

もし、下記のようにヘッダーをインクルードせずに bool 型を使用した場合は、コンパイル時にエラーが発生します。

bool型を使用するとエラーになる例
#include <stdio.h>

int main(void) {
    bool is_even = true;
    
    /* 略 */

    return 0;
}

私の環境では下記のようにエラーが表示されました。

error: use of undeclared identifier 'bool'

前述の通り、bool 型を使用するためには、下記のように stdbool.h をインクルードする必要があります。

bool型を使用する際の正しい例
#include <stdio.h>
#include <stdbool.h>

int main(void) {
    bool is_even = true;
    
    /* 略 */

    return 0;
}

bool 型で扱える値とは

bool 型の変数で扱えるのは下記の2つです。

  • true:真を表す
    • TRUE・ON・YES などを表す
  • false:偽を表す
    • FALSE・OFF・NO などを表す

この true と false を利用するためにも stdbool.h をインクルードする必要があります。

true も false も「全て小文字」であるところがポイントです。他のプログラミング言語では最初の文字が大文字だったりするので、その辺りと混同しないように気をつける必要があります。

true の代わりに 1 を、false の代わりに 0 を bool 型の変数に格納することもできますが、true と false を利用した方がソースコードとしては読みやすいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

このページでは bool 型をC言語で扱う方法について解説しました!

この bool 型を利用するためにはヘッダー stdbool.h をインクルードする必要があるので注意してください。