【Python/Django】django-admin が実行できない場合の対処法(”コマンドが見つかりません”の対処法)

django-adminが実行できない場合の対処法の解説ページアイキャッチ

Django インストールしてプロジェクトを作成しようと思ったらいきなり django-admin の実行につまずきました…。django-admin というコマンドが見つからないらしいです。

せっかく Django を始めてみようと思ったのに悲しい…。

python$ django-admin startproject mysite
zsh: command not found: django-admin

このようなエラーが出るのは、django-admin というファイルに PATH が通っていないことが原因です。

ただ、PATH をわざわざ通さなくてもプロジェクトの作成は可能です。これは、プロジェクトの作成は django-admin だけでなく、他のコマンドからでも行うことができるからです。また、PATH を通すにしても、そもそも django-admin がどのフォルダにあるか分からなければ PATH は通せないですよね…。

ということで、このページでは、django-admin が実行できない場合の対処法として、PATH を通さずに別のコマンドでプロジェクトを作成する方法と、PATH を通すために django-admin がある場所を調べる方法の2つについて、解説していきたいと思います。

django-admin が実行できない場合の対処法

では、django-admin が実行できない場合の対処法(特にコマンドが見つからなくて実行できない場合の対処法)について解説していきます。

PATH を通さずにプロジェクトを作成する

前述の通り、django-admin のあるフォルダにわざわざ PATH を通さなくても Django のプロジェクトの作成を行うことは可能です。

python では -m オプションを利用することで直接モジュールを起動することが可能です。これを利用すれば、python コマンドさえ実行できればプロジェクトの作成を行うことが可能です。

具体的には、下記コマンドによりプロジェクトの作成を行うことが可能です(下記では mysite というプロジェクトを作成しています)。

プロジェクトを作成するコマンド
python -m django startproject mysite

上記により、django-admin startproject mysite を実行しなくても mysite というプロジェクトを作成することができます。

上記コマンドを実行するときの注意点が2つあります。

1つ目はコマンドを実行する場所です。

上記コマンドを実行したフォルダに mysite という Django のプロジェクトフォルダが作成されることになりますので、プロジェクトフォルダを作成したいフォルダに cd コマンドで移動してから実行してください。

2つ目の注意点は、最初のコマンドの python は、Django をインストールした Python のバージョンに合わせて変更する必要があるという点です(そのままでも良い場合もある)。あなたの PC 内に複数のバージョンの Python がインストールされている場合、いずれかのバージョンの Python に対して Django がインストールされているはずです。

そのバージョンの Python が実行されるよう、最初のコマンド python 部分を変更する必要があります(Python が1つしかインストールされていないのであれば、おそらく python のままで大丈夫だと思います。おそらく)。

例えば、私は自身の PC 内に複数の Python をインストールしており、Django は Python3.10 に対してインストールしました。さらに、Python3.10 は python3.10 というコマンドで起動するようにしているため、上記のコマンドそのままではなく、次のコマンドによりプロジェクトを作成しました。

python3.10のDjangoを動作させるコマンド
python3.10 -m django startproject mysite

申し訳ないことに、使用している Python に合わせてコマンドを変更する必要があるので、あなたがコマンドを実行する際に python の部分をどう変更すれば良いかは明確には言えないのですが、おそらく、あなたがいつも Python スクリプトを実行している時に指定しているコマンドに合わせて変更すれば良いと思います。

スポンサーリンク

PATH を通すために django-admin のあるフォルダを調べる

続いて、django-admin のあるフォルダを調べる方法について説明します。django-admin への PATH を通したい場合は、これから紹介する方法で django-admin のあるフォルダをまず調べましょう。

django-admin のあるフォルダを調べる方法として一番手っ取り早いのは「Django をアンインストールしようとする」だと思います。アンインストールしようとすると、その際に django-admin のファイルパスを表示することができ、そのパスから django-admin が存在するフォルダを確認することができます。

注意

あくまでも行うのは「アンインストールしようとする」だけであり、実際にアンインストールしないように気をつけてください

すみませんが、試す際は自己責任でお願いいたします

おそらくアンインストールしてしまっても、再度インストールすれば良いだけだとは思いますが…

おそらく、Django をインストールする際に pip install django を実行したと思います。もしかしたら python -m pip install django のように python -m からインストールしたかもしれませんが…。

いずれにしても、pip から Django をインストールした場合、Django をインストールしたときのコマンドの install 部分を uninstall に変更すれば、Django をアンインストールすることができます。

実際に、下記のコマンドを実行すれば、

Djangoをアンインストールするコマンド
pip uninstall django

下記のような表示が行われます。

Found existing installation: Django 4.0.2
Uninstalling Django-4.0.2:
  Would remove:
    /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.10/bin/django-admin
    /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.10/lib/python3.10/site-packages/Django-4.0.2.dist-info/*
    /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.10/lib/python3.10/site-packages/django/*
Proceed (Y/n)? 

これだけのファイル消すけど本当に良いですか?って聞かれていますね。ここでは、必ず n を押すようにしてください。Y を押すと実際にアンインストールされてしまうので注意してください。

で、上記の出力を確認していただければ分かるように、削除対象のファイルの1つとしてフルパスで django-admin のファイルパスが表示されます(Windows の場合は django-admin.exe のファイルパスが表示されます)。

つまり、これで django-admin が存在するフォルダが分かることになります。私の場合は下記のフォルダに django-admin が存在することが分かりますね!

/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.10/bin

あとは、このフォルダのパスを PATH に追加してやれば良いだけです。PATH の通し方は OS によって異なるので別途調べていただきたいですが、MacOSX の場合は下記ページで解説していますので、こちらも参考にしていただければと思います。

MacでのPATHの通し方の解説ページアイキャッチMacOSX での PATH の通し方について解説

追加したいフォルダのパス の部分を、先程説明した手順で表示されたフォルダのパスに置き換えれば簡単に django-adminPATH を通すことができます。

そして、django-adminPATH を通せば、以降は django-admin を実行してもエラーが出なくなり、最初に紹介した下記のコマンドでプロジェクトを作成できるようになるはずです。

python$ django-admin startproject mysite

まとめ

このページでは、django-admin が実行できない場合の対処法(特にコマンドが見つからなくて実行できない場合の対処法)について解説しました!

django-admin が実行できなくても、プロジェクトの作成は下記コマンドにより行うことができます(python 部分は自身で使用している Python 実行時のコマンドに合わせて変更してください)。

プロジェクトを作成するコマンド
python -m django startproject mysite

また、Django をアンインストールしようとした際には django-admin のパスが表示されますので、そのパスから django-admin の存在するフォルダを確認することも可能です。フォルダが確認できれば、django-adminPATH を通してやれば良いだけです。

ただし、本当にアンインストールしてしまわないように注意してください。

環境や Django のインストールの仕方によっては割とつまずきやすい現象だと思いますので、是非このページを参考にして解決していっていただければと思います!

同じカテゴリのページ一覧を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。