XSERVERでのSSL設定方法

このページではXSERVER(エックスサーバー)でのSSL設定方法とSSL設定後に必要となるリダイレクトの設定について説明します。XSERVER(エックスサーバー)であれば無料で使用することができます。更新作業も不要です。必ず設定しておきましょう

こんな方にオススメのページです

・XSERVERでSSL設定をしたい

SSLについてまず知りたい人は下のページで解説していますので是非見てみてください。

【図解】SSLとは?SSLはなぜ安全なのか?SSLの仕組みを解説

XSERVERでのSSLの設定手順

まずはXSERVERのサーバパネルにログインします。ログインしたら、SSL設定をクリックします。

画面がSSL設定に遷移しますので、設定したいドメインを選択して次に進みます。さらに独自SSL設定の追加タブを選択し、最後に独自SS設定を追加する(確定)ボタンをクリックします。

これでXSERVERでのSSL設定は完了です。ただし、上の画面にもあるように反映されるまで最大1時間程度かかりますので、反映されるまで待ちましょう。反映されると、HTTPSのスキームで自分のWebサイトにアクセスできるようになります。アクセスの仕方はウェブブラウザのURL欄に「https://」+ドメイン名 を打ち込めば良いです。反映されていないうちに、HTTPSでアクセスすると下の画面が表示されます。この画面が表示されるということはまだSSL対応が反映されていないということですので、焦らず待ちましょう。

時間が経ったらもう一度HTTPSでアクセスしてみましょう!今度はアクセスできるはずです。ここでURL欄に注目です。ブラウザによって表示は違うかもしれませんが、URL欄に鍵のようなアイコンが表示されているはずです。これはSSLで保護された通信が行えるサイトであることを示しています。これであなたのドメインのSSL対応はひとまず完了です。

まとめ

・XSERVERならサーバパネルから無料かつ簡単にSSL対応が可能
・リダイレクト設定を忘れずに

無料かつ簡単にSSL設定が可能なXSERVERを使ってみたいという方は、↓ から申し込み可能です。最初の10日間は無料お試し期間になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です