プラグイン追加

WordPressではプラグインを追加することで機能の追加やが可能です。多くのプラグインがWeb上で公開されており、プラグインにより自由にカスタマイズできることはWordPressのメリットの一つです。是非活用していきましょう。

プラグインとは 

プラグインとは日本語に訳すと差し込むという意味です。WordPressにはたくさんの種類のプラグインが公開されており、それをWordPressに差し込んで行くことで(追加して行くことで)、WordPressへの機能の追加や拡張が可能です。

インストール時のWordPressは基本的な機能しか持っておらず、使っていて不便を感じたり、こんなことできたらいいなと思ったりすることは多いと思います。

例えば私は下記のようなことが不便だったり追加したいと思ったりしたのでプラグインを追加することでWordPressを拡張しています(オススメにもあげています)。

表作成ボタン

とあるページを投稿する際に表を作成したいと思ったのですが、表を作成するボタンが見つかりませんでした。検索した結果、プラグインを追加することで表作成を行えるボタンがエディタに追加可能とわかったので、そのプラグインを追加し、そのボタンを使用して表を追加できるようにしました。

 

目次自動追加

いろんなサイトでページの最初に目次を用意しているものが多く、私もページの見栄えや利便性をよくするために目次を追加したいと考えました。これも検索したらすぐに見つけることができ、そのプラグインを追加しました。これにより今まで通りページ作成するだけで自動で目次が追加されるようになりました。

 

WordPressにはプラグインが多数存在

不便だと自分が思うことは大概他の人も同じことを思っており、世界の優秀な誰かがそれを解決しようとプラグイン作成して公開してくれていることも多いです。なので不便だと思ったことを検索すると大抵それを解決してくれるプラグインが見つかると思います。WordPressはユーザが多くプラグイン種類が豊富であることも使用することのメリットの1つですね。

注意
プラグインによっては有償のものや商用利用が禁止されているようなものもありますので利用規約などあれば目を通すようにしましょう

インストール方法

手順は下記の3つです。

  • プラグインの入手
  • プラグインのインストール・有効化
  • プラグインの設定

プラグインの入手

プラグインのダウンロードはWordPressの公式からダウンロードが基本だと思います。ただ個人で公開している人もいたりするのでそこから入手することも可能です。

まずは自分の不便だと思うことのキーワード+WordPress+プラグインなどで検索してみましょう。

よほどマニアックなキーワードでなければ、それを解決してくれるプラグインを紹介してくれているホームページが引っかかると思います。今度はそのプラグイン名で検索すればそのプラグインをダウンロードできるページにたどり着けるはずですのでそのページからダウンロードを行いましょう。

MEMO

インストールに必要なプラグインファイルの形式はZIPです。

フォルダ形式でダウンロードされる場合がありますので、圧縮してZIP形式に変換しておきましょう。

プラグインのインストール・有効化

この作業はWordPressのダッシュボードから可能です。

ダッシュボードにログインし、ダッシュボード画面からプラグインを選択し、さらに新規追加を選択しましょう。

続いてプラグインのアップロードボタンを押すとアップロード画面が表示されますので、ファイルを選択ボタンを押し、先ほどダウンロードしたZIPファイルを選択しましょう。選択したら今すぐインストールを実行しましょう。

インストールするまで少し時間が経つと「完了しましたメッセージ」が表示されます。

そこに有効化ボタンがありますので、それをクリックすれば、インストールしたプラグインが使用可能になります。

MEMO

ここでは自分でプラグインをダウンロードしてインストール方法を紹介しましたが、ダッシュボード上から直接プラグインを検索してインストールすることも可能です。

同様にダッシュボードにログインし、ダッシュボード画面からプラグインを選択し、さらに新規追加を選択すれば下の方に検索画面がありますのでそこから検索できます。

スポンサーリンク

プラグインの設定

インストールしているプラグインは、プラグインインストール済みプラグインから確認可能です。

この画面からプラグインの有効化・無効化・設定が可能です。

有効化だけでなく設定を行うことも忘れないようにしましょう。

(プラグインによって設定方法は千差万別なためここでは設定画面への行き方のみ説明し、ここの設定方法については省略します)

オススメのプラグイン

Table of Contents Plus

略してTOC+。ダウンロードはコチラから。

ページに目次を自動的に追加してくれるプラグインです。

具体的なイメージは下の図で沸くと思います。「見出し( HTMLのタグでいう<h1>, <h2>など)」に設定している部分が自動的に目次化されます。 クリックすればその目次までジャンプしてくれる機能までついています。

設定でどのレベルの見出しを目次化するか(例えば<h1>は目次に表示しないが<h2>は目次に表示するなど)や、どの場所に目次を作るかなどを変更することが可能です。

TinyMCE Advanced

ダウンロードはコチラから。

このプラグインにより、ビジュアルエディタに表示されるメニューバーにボタンの追加や削除が可能になります。どのボタンを追加するか、削除するかを設定により変更することが可能です。

初期状態のWordPressには存在していないボタンもこのプラグインを有効化することで追加可能になります。つまり、このプラグインを有効化することででHTMLの知識なしに作成できるページの幅をさらに広げることが可能になります。

例えば私は表作成を行えるボタンが欲しかったので、それ目的に検索をしていたらこのプラグインを見つけたのでインストールしました。プラグイン追加前は表の作り方が分かっていなかったのですが、このプラグイン追加することにより表を含めたページの投稿が可能になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です