エックスサーバーでのワードプレスのインストール手順を解説

このページではエックスサーバー(XSERVER)でのワードプレス(WordPress)のインストール手順を説明します。

インストール手順

エックスサーバー では「WordPress簡単インストール」機能を提供しており、この機能を利用することでワードプレスを簡単にインストールすることが可能です。



まずはエックスサーバーのホームページに行って、サーバパネルにログインし、WordPress簡単インストールをクリックしましょう。

ワードプレスのインストール手順の説明図1

次に、ワードプレスのインストール先のドメイン名を選択します。

ワードプレスのインストール手順の説明図2

続いて、WordPressインストールタブを選択し、インストール設定画面に移ります。

ワードプレスのインストール手順の説明図3

バージョンは変更不可ですのでそのままでオーケーです。更新が必要な場合でも後からワードプレス管理画面から簡単に更新可能です。

サイトURLは、あなたのホームページのトップのURLになります。基本的に変更なしで良いです。ホームページのトップのURLを変更したい場合は、ドメインの後に追加入力すればオーケーです。

ブログ名はあなたのホームページの名称になります。自分の好きなタイトルを入力しましょう。トップページなどにも表示される名前になりますので、自分の作りたいホームページに合わせて考えると良いと思います。このブログ名は後から変更も可能です。

ユーザ名パスワードはワードプレスのダッシュボード(管理画面)へのログインするために必要な情報になります。特にパスワードは他の人に分からないようなものにしましょう。流出してしまうと自分のホームページが他の人に変更されてしまうので注意が必要です。

ワードプレスのインストール手順の説明図4

メールアドレスはワードプレスからメールを受け取るメールアドレスを記入します。例えば、他のユーザからコメントが行われた場合に承認するかどうかのメールが届きます。またワードプレスの更新があった時などにメールでお知らせしてくれます。

キャッシュ自動削除はONにするのままで良いと思います。

データベースは初めてワードプレスをインストールする人、初めてホームページを作ろうとしている人は自動でデータベースを生成するを選択しましょう。ワードプレスでは、投稿した記事・ブログの内容はデータベースに格納されます。なのでワードプレスではデータベースが必ず必要になります。データベースを持っていない方はこの際に作成しておきましょう!

すでにデータベースを持っている方でそのデータベースを使用したい場合は、データベース設定に作成済みのデータベースを利用するを選択し、下記画面でデータベース名等を入力しましょう。

確認画面へ進むボタンを押すと、下記のような確認画面が表示されます。問題なければインストールするボタンを押しましょう。

ワードプレスのインストール手順の説明図5

インストールが開始され、しばらく経つと下記のような確認画面が表示されます。

ワードプレスのインストール手順の説明図6

この画面が表示されれば、ワードプレスのインストールは完了です。

ここで表示される情報は必ず記録しておきましょう。ユーザー名・パスワードはワードプレスのダッシュボードへアクセスするために必要です。これがないと記事の投稿等が出来ません。MySQLデータベース名・MySQLユーザー名・MySQLパスワードはデータベースの管理やバックアップを行う際に必要です。

インストール後の確認

ワードプレスがしっかりインストールできたかどうかを確認していきましょう。

ウェブページ表示

インストールが完了したら、インストール時に入力したサイトURLのウェブブラウザに入力して見ましょう!自分のウェブサイトに行ってみましょう。

ワードプレスのインストール手順の説明図7

設定したブログ名がタイトルになったページが表示されれば、ワードプレスのインストールが成功したと考えて良いです。

管理画面へのログイン

次はワードプレス管理画面へログインしましょう。

管理画面にはサイトURLに「/wp-admin」を追加したURLをWebブラウザに入力すると下のようなログイン画面に移ります。

ワードプレスのインストール手順の説明図8

例えば、インストール先URLが http://daeudaeu.work であれば、ログイン画面のURLは下記のようになります。

http://daeudaeu.work/wp-admin

このログイン画面に、自分が設定したワードプレス管理画面ログイン用のユーザ名とパスワードを入力してログインし、下記のような画面に遷移できればログインに成功です。

ワードプレスのインストール手順の説明図9

これはワードプレスのダッシュボードで、いわゆる自分のワードプレスの管理画面になります。ここからテーマを変更して見た目を変えたり、記事を投稿することなどさまざまなことが行えます。

ページ追加

「投稿」→「新規追加」から投稿画面を表示し、

ウェブページ追加の方法の説明図

てきとうな文章を入力して「公開する」ボタンを押せばウェブページの追加をすることができます。

投稿の説明図

投稿を表示をクリックすれば、追加したページがウェブブラウザでどのように表示されるかを確認することができます。

投句の確認画面の説明図

テーマ変更

テーマを変更すると、自分のホームページの見た目をガラッと変更することができます。

テーマの変更は「外観」→「テーマ」から行います。

テーマ変更の説明図

テーマをクリックするとインストール済みのテーマの一覧が表示されます。新規追加ボタンを押すと、テーマのインストールが可能です。

テーマインストールの説明図1

新規追加ボタンを押すと、インストール可能なテーマの一覧が表示されます。

テーマインストールの説明図2

気になるテーマを見つけたらクリックしてみましょう。そうするとテーマの説明が表示されます。

テーマインストールの説明図3

さらにここで左上のインストールボタンを押すと、テーマのインストールが完了します。これによりウェブサーバー上にテーマがインストールされることになります。続いて有効化ボタンを押すと、あなたのホームページに、そのテーマが適用されます。

テーマを有効化後に、自分のホームページを表示してみると、有効化したテーマに合わせて見た目が変わっていることが確認できると思います。

テーマインストールの説明図4

データベース

ワードプレスでホームページを作っていく上で、データベースは非常に重要なデータとなります。そのデータベースを管理する phpmyadmin へのログインも確認しておきましょう。サーバパネルから phpmyadmin(MySQLX.X) をクリックすることで、 phpmyadmin にログインすることができます。

phpmyadminへのログインの説明図1

ログイン時にユーザー名とパスワードを尋ねられますので、ワードプレスのインストール時に表示されたMySQLユーザ名とMySQLパスワードを入力することで、ログインすることが可能です。

phpmyadminログインの説明図2

ログインすると下のような画面に遷移します。これで phpmyadmin ログイン成功です。データベースタグを選択し、データベース一覧(左側)のところに、インストール時に表示されたMySQLデータベース名が表示されることを確認しておきましょう。

phpmyadminログインの説明図3

下記ページでも説明していますが、このデータベースは自分が書いた記事や書かれたコメントなどの実体が保管されています。

ワードプレスの仕組みを「構成」と「PHPの動き」から解説

データベースの内容をバックアップしたり、ウェブサーバーを引越しするためにデータベースを他のサーバーに移行する場合などは、phpmyadmin からデータベースを操作する必要がありますので、MySQLユーザ名とMySQLパスワードは覚えておくようにしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

エックスサーバーであればサーバーパネルから簡単にワードプレスのインストールが可能です。インストール後は投稿やphpmyadminへのログインを試しておきましょう!

エックスサーバーであれば、ワードプレスのインストールが簡単であるだけでなく、サーバーが高性能なためワードプレスを使ったホームページを高速に表示することも可能です。

下のリンクから詳細を確認できますので、興味があれば見てみてください。無料でお試しレンタル(10日間)することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です