ファイル転送ソフト(FileZilla)のインストール方法と使い方

Webサイトの引っ越し・バックアップにはファイル転送ソフトの利用が必要です。ここではそのファイル転送ソフトについて解説します。

ファイル転送ソフトとは

ファイル転送ソフトとは、ファイルを他の端末に転送するソフトです。ホームページ作成するときによく使用するソフトなので用意しておきましょう。例えば、PC上で更新したWebサイトのファイルをWebサーバ上にアップロードしたり、レンタルサーバを変更したときに、変更前のサーバから変更後のサーバにWebサイトのファイルを移動させるときにも使用します。いわゆるサーバの引越しです。これらを自分のPC上でファイルを移動するように、コピペなどで実行できるようにしてくれるのがファイル転送ソフトです。

ファイル転送ソフトの例

私が使用しているのはFileZillaというフリーソフトです。高機能なソフトで、WindowsとMacで使用することができます。有名なのだと他にもFFFTPやWinSCPなどがあります。こちらはどちらかというとシンプルな作りになっています。ググればそれぞれダウンロードサイトが出てきますので、気に入ったものを使用すればいいと思います。

ここでは例としてFileZillaを用いて説明していきます。

スポンサーリンク

FileZillaのインストール

まずFileZillaのホームページに行ってインストーラをダウンロードしましょう。インストールするのはFileZila Clientです。Server側ではないので注意しましょう。

クリックするとダウンロード画面に遷移します。自分のPCのOSのインストーラをダウンロードしましょう。私はMacを使用しているのでピンク枠のところのボタンからダウンロードします。自分の使用しているOSのダウンロード画面ではない場合は、青枠にあるOther platformsのところから自分のOSを選択してダウンロードしていきましょう。

有償バージョンをオススメされるかもしれませんが、まずは無償版で良いです。私は無償版を利用していますが特に不満点はないです。

インストーラをダウンロードできればインストーラを起動してインストールしてください。特に設定するものもないと思いますので、画面に従ってインストールしていけば良いと思います。

FileZillaの使い方

インストールが完了したらFileZillaを起動しましょう。

Macだと下のような画面が出てきますね。

Webサーバへの接続

まずWebサーバへ接続してみましょう。ファイルを選択し、続けてファイルマネージャーを選択します。

すると次は↓の画面が表示されます。ここで接続先のWebサーバの情報を設定しましょう。

まず新しいサイトをクリックします。すると新規サイトというエントリが追加されます。名前は分かりやすい名前をつけておきましょう。続いてホストの設定を行います。

ホスト名はWebサーバの名前で、レンタル先のホームページから確認できます。例えば、XSERVERであれば上図のサーバ情報から確認可能です。枠で囲っている部分をコピペしてやればOKです。

ログオンの種類についてはパスワードを尋ねるが無難かと思います。サーバに接続するたびにパスワードを尋ねられますので若干面倒かもしれませんが、その分セキュリティ的に安心です。

ユーザ名はWebサーバをレンタルする際に設定したユーザ名を入力すれば良いです。エックスサーバーであればサーバパネルにログインするときのユーザ名を指定します。

これらを設定後、接続ボタンをクリックします。

すると、パスワードを聞かれるので、Webサーバのログインパスワードを入力しましょう。エックスサーバーを使用されているのであれば、サーバパネルにログインするときのパスワードを指定します。次に進むとこのような注意文を含む画面が表示されますが次に進んで問題ないです。

そうすると次のような画面が表示されます。

ログイン前と違って今度は右側にフォルダの構造が見えると思います。右側は接続したWebサーバ側のファイルやフォルダが表示されており、左側は自分のローカルPCのファイルやフォルダが表示されています。

ファイルのダウンロード

Webサーバのファイルを自分のローカルPCにコピーすることをファイルのダウンロードと言います。Webサーバ側(画面右側)のファイルやフォルダをローカルPC側(画面左側)にドラッグ&ドロップすると、Webサーバ上のファイルやフォルダがPC側にコピーされます。

ファイルのアップロード

逆に自分のローカルPCのファイルをWebサーバにコピーすることをファイルのアップロードと言います。ローカルPC側(画面左側)のファイルやフォルダをWebサーバ側(画面右側)にドラッグ&ドロップすると、PC上のファイルをやフォルダがWebサーバ上にコピーされます。

Webサイトのコンテンツなどは、このアップロード作業を行うことでWebサーバ上にコピーすることができ、これによりWebサイトを公開したりWebサイトを更新したりすることができます。また、アップロードするだけでなくサーバ上のファイルの削除も行うこともできます。余計なものが他の人から見られたりしないように不要なファイルは削除しておきましょう。ファイルを選択して右クリック削除で削除可能です。

実際にHTMLをアップロードするときの手順や、それによりそのHTMLで作成したWebページが公開されることは下のページで紹介していますのでよければ参考にしてください。

Webサーバへのデータアップロード手順

まとめ

Webサイト制作を行っていく上で、ファイル転送ソフトがあると便利です。Webサイト上のファイルを更新したり、画像をアップロードしたりすることができます。使い方を身につけておくと役に立つと思いますのでこの機会に是非使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です