SSLは対応しておかないと損!SSL化の必要性について解説!

SSL対応したWebサイトでは安全な通信が可能です。でも、下のように思っている方も多いはずです。

自分のWebサイトは重要なデータのやり取りはないし、SSL対応は不要では?

私はSSL対応はどんなWebサイト運営においても必要だと考えています。なぜSSL対応が必要か?SSL未対応の3つのデメリットからその理由を解説します。

こんな方にオススメのページです

・SSL対応するかどうか迷っている

・SSL対応のメリット・未対応のデメリットが知りたい

もしまだSSL通信について理解していない方は先に下のページを読むことをオススメします。

【図解】SSLとは?SSLはなぜ安全なのか?SSLの仕組みを解説

SSL対応しないと危険なサイトに思われる可能性アリ

SSL対応しておいた方が良い理由の1つ目は、SSL対応しないと危険なサイトに思われる可能性があることです。

SSL対応したWebページをGoogle Chromeで表示すると、URL欄に下のような表示が行われます。

また鍵マークをクリックすると下図のようにこの接続は保護されていますと表示されます。

ユーザからみると安全なサイトに見えますよね。

一方、SSL対応していないWebページだとURL欄に下のように保護されていない通信と表示されます。

さらに、アイコン部分をクリックすると下のようにこのサイトへの接続は保護されていませんと赤字で表示されます。

この表示を見てみなさんどのような印象を受けるでしょうか?SSLが何であるかを知っていれば、機密情報を入力しなければ問題ないことは分かります。しかし、SSLについて知らない方には下記のような印象を持たれる可能性があります。

  • もしかして怪しいWebサイトなのでは?
  • ウィルスに侵されそう
  • こんなWebサイトにいたくない
  • こんなWebサイトにもう来たくない

どれだけコンテンツが優秀なWebサイトでも、このような印象を持たれてしまうとすぐにWebサイトから離脱されてしまう可能性が高いです。このような「危険なサイト」という印象を持たれないためにも、必ずSSL対応はしておいた方が良いです。

SSL対応しないと検索順位低下の可能性アリ

2つ目の理由はWebページの検索順位に関わるものです。GoogleはSSLの対応/未対応を検索順位決定の指標にすることを明言しています。これはまあ当然だと思います。検索上位ページというのは言わばGoogleのオススメのページですからね。安全な通信が行われないWebページをオススメしたいとは思わないはずです。不審なページを検索上位にするとそのページにアクセスしたユーザーからGoogleまで不信感が抱かれてしまいますからね。

またSSL対応はすでに多くのWebサイトで行われています。次のグラフはGoogleのWebサイトで発表されているGoogle ChromeでHTTPS経由(SSL通信)で読み込まれたページの割合(国別)です。このグラフからもすでにSSL対応しているWebサイトの割合は非常に高く、未対応のWebサイトが少数派になっていることが読み取れます。

引用元:ウェブ上での HTTPS 暗号化

今後もさらにSSL化の割合は増加していくことも予想できます。そんな中であなたのWebサイトだけSSL対応していないと、どんどん検索順位が落ちて行く可能性が高いです。

スポンサーリンク

SSL対応しないと通信データが丸見え

3つ目の理由はSSL未対応だと通信データが丸見えであることです。下のページでWiresharkというツールを使ってSSL通信時とSSL通信でない時の通信データの比較を行っていますが、SSL通信でない場合はHTMLなどのデータが丸見えになってしまっていることが確認できました。

【図解】SSLとは?SSLはなぜ安全なのか?SSLの仕組みを解説

このページからの抜粋ですが、SSL暗号化なしの場合は下のような中身丸見えのデータがネットワーク上で通信されることになります。

まとめ

・SSL未対応だと危険なサイトと思われる可能性あり
・SSL未対応が原因で検索順位が下がる可能性あり
・SSL未対応だと通信データが他の人からも丸見え

上記のようにSSLは対応しておかないと損です。SSLは無料でも対応することが可能ですので是非対応しておきましょう。レンタルWebサーバーによっては難しい設定なし・更新不要で利用することが可能なケースもあります。例えばエックスサーバーであれば無料のSSLを非常に簡単に、しかも更新不要で利用することが可能です。

ちなみに設定の仕方は下記で紹介しています。読んでみていただければ分かるようにかなり簡単です!

XSERVERでのSSL設定方法XSERVERでのSSL設定方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です