Webサーバへのデータアップロード手順

Webサーバ、ドメインの準備ができれば、後は実際に公開するWebページのデータをWebサーバ上に置いてやれば、あなたのWebサイトを他の人が閲覧できるようになります。

アップロードとは

自分のPCやスマホ内のファイルをサーバに転送してコピーすることをアップロードといいます。逆にサーバから自分のPCやスマホにファイルをコピーすることをダウンロードといいます。

これらはツールを使えば簡単に行うことができます。ツールも無料のものが多いので使用することをオススメします。ファイル転送ツールについての説明は下記の記事で行なっていますので良ければ参考にしてください。

ファイル転送ソフト(FileZilla)のインストール方法と使い方ファイル転送ソフト(FileZilla)のインストール方法と使い方

HTMLファイルの準備

まずはアップロードするHTMLファイルを準備しましょう。

下記からダウンロードしてもらってもいいですし、自分で書いてもいいですし、他のホームページからコピーして作成しても良いです。

index.html

名前はindex.htmlにしておきましょう。

スポンサーリンク

Webサーバへのアップロード

用意したindex.htmlをWebサーバ上にアップロードすることでindex.htmlを他の人からも閲覧できるようにします。

FileZillaというソフトを用いて説明しますが、他のファイル転送ソフトでも同様の手順でアップロード可能です。FileZillaをインストールを使いたい人はコチラで紹介していますのでインストールして見てください。Webサーバへの接続の仕方や、アップロード、ダウンロードの仕方もコチラで紹介します。

アップロード先への接続

まずFileZillaでWebサーバに接続します。

Webサーバに接続したら、下記のフォルダを表示してください。

/[ドメイン名]//public_html

[ドメイン名]については自分のドメイン名を入力してください。例えば、ドメイン名がdauedau.workの場合は、下記のようになります。

/daeudaeu.work/public_html

ファイルのアップロード

このフォルダに、用意したindex.htmlをコピーします。FileZillaなどのファイル転送ソフトを使えば、このファイルのコピーだけでアップロードをすることができます。

アップロードの確認

コピー後に、自分のドメインにアクセスして見てください。そうすると・・・。

このページで用意したindex.htmlを使用した場合は ↑ のようなページが表示されるはずです。おめでとうございます!とうとうあなたのWebサイトが全世界に公開されました!簡単なHTMLだけのWebページなので、質素なものになっていますが、Webサイトを公開できる状態になったのは大きな一歩です!あとはWebサイトを作り込んでいき、自分の作りたいWebサイトに更新していきましょう。

まとめ

ファイル転送ソフトを使うと簡単にファイルのアップロードが可能です。Webサイト運営をしていく上では必ずファイルをWebサーバにアップロードする機会がでてくると思いますので、是非使えるようになっておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です