お名前.comのドメインとXSERVERのWebサーバの紐付け手順

DNSサーバがドメインからIPアドレスを特定できるようになるためには、ドメインとWebサーバの紐付けが必要です。本ページでは、お名前.comで取得したドメインとXSERVER(エックスサーバー)でのWebサーバを紐付けする手順を説明します。

こんな方にオススメのページです

・ドメインとWebサーバの紐付け手順を知りたい

・ドメインもWebサーバも準備したのにWebページが表示されない

・ドメインとWebサーバの紐付け情報を確認したい

ドメインとWebサーバとの紐付け

ドメインを取得しただけではそのドメインのURLを打ち込んでも自分のWebサーバには繋がりません。試しに自分の取得したドメインをブラウザのURL欄に打ち込んでみましょう。例えばお名前.comの場合は下のようなページが表示され、あなたのWebサーバには繋がってくれません。

取得直後のあなたのドメインは宙ぶらりんの状態です。なぜならDNSサーバが、そのドメインをどのWebサーバに紐付けすれば良いかを理解していないからです。ですので、DNSサーバがあなたのドメインからあなたのWebサーバのIPアドレスを特定できるように、ドメインとWebサーバの紐付けが必要です。この紐付けをする事で、DNSサーバが、あなたのドメインとWebサーバの紐付けできるようになり、Webページ表示を行うための①から③の流れを確立できます。

ここからは、お名前.comで取得したドメインとXSERVERのWebサーバとを紐付けする手順を説明していきます。

Webサーバにドメイン登録

まず自分のWebサーバにドメインを登録しておきましょう。

XSERVERでの手順は次の通りです。まずXSERVERのサーバパネルにログインします。

続いて、ドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定画面で、ドメイン設定の追加タブをまず選択し、続いてドメイン名欄に取得したドメインを入力します。最後にドメイン設定の追加(確認)ボタンをクリックします。

そうすると、確認画面が出てきますので、ドメイン設定の追加(確定)ボタンをクリックします。処理が完了すると次のような画面が出てきます。これでドメイン設定の追加作業は完了です。

このドメイン設定をしておくと、そのドメインに対するホームページ作成が可能になります。またアクセス解析等の機能も使えるようになります。

スポンサーリンク

Webサーバのネームサーバ情報を確認

XSERVERならこの作業も簡単に行えます。まずXSERVERのサーバーパネルにアクセスしましょう。

次にサーバパネルからサーバ情報を選択します。

そこにサーバ情報一覧が表示されます。ここの下の方にネームサーバの情報が記載されています。これらをメモするか、このブラウザを開いておいて後から確認できるようにしておきましょう。

ドメインへの紐付け

このネームサーバの情報をドメインに紐付けます。ドメイン取得先のホームページでその手続きを行いましょう。ここではお名前.comの例を用いて説明します。

まずお名前.com Naviにログインしましょう。

ログインすると契約更新などが促されるかもしれません。まだ契約更新不要だという人は無視するので良いです。

続いてドメインタブを選択し、続いてネームサーバ列の初期設定をクリックします。

そうすると次のような画面が出てきますので、Webサーバがお名前.comのもの以外の人は「その他ネームサーバ」をまず選択します。XSERVERからレンタルしている方もこちらを選択すれば良いです。そうすると②のところ欄表示されるので、ここで自分のWebサーバのネームサーバ情報を入力して行きましょう。Webサーバのネームサーバ情報が4つ以上ある場合は+ボタンをクリックして欄を増やして入力しましょう。おそらくXSERVERの場合は5つあると思います。入力したら確定ボタンを押しましょう。これで紐付け作業は完了です。

この作業により、お名前.comのドメインとXSERVERのWebサーバの紐付けは完了です。

ドメインとWebサーバの紐付けの確認

早速Webブラウザに自分が取得したドメインを入力してみましょう!

実はまだ最初に試した時と同じ画面のままです・・・。なぜならドメインの紐付けは登録後も反映されるまで時間がかかるためです。長くて1日程度かかります。時間を空け、再度Webブラウザにドメインを入力してみましょう。

今までとは異なるページが表示されるようになるはずです。WebサーバをXSERVERからレンタルしている場合は上のような画面が表示されます。ドメインとXSERVERのWebサーバの紐付けが行われたのでXSERVERのページが表示されているのです。でもなんだかまだエラーっぽいページになっていますよね。

これは、上の画面にも書かれているように、Webサイト用のデータがWebサーバにアップロードされていないからです。

必要なデータをアップロードしてやれば、エラー画面ではなく、あなたの作成したWebページがとうとう表示されるようになります。下のページでは簡単なHTMLをWebサーバにアップロードする手順を公開していますのでよろしければ参考にしてください。

Webサーバへのデータアップロード手順

スポンサーリンク

nslookupでの紐付け情報確認

ドメインとWebサーバの紐付けが完了したかどうかはnslookupコマンドでも確認することが可能です。nslookupコマンドは、Windowsであればコマンドプロンプト、Macであればターミナルから実行することが可能です。

下記のようにコマンドを実行すればドメイン名からそのドメインに紐づいているWebサーバのIPアドレスを知ることができます。

nslookup [ドメイン名]

このサイトのドメイン名を指定した場合は下記のような結果になります(一部情報省略しています)。

nslookup daeudaeu.com

Non-authoritative answer:
Name:	daeudaeu.com
Address: 183.90.238.43

このドメインはもちろんWebサーバへの紐付けが完了しているのでIPアドレスが表示されます。あなたが取得したドメインでも試してみましょう。Address: のところにあなたが使用しているWebサーバのIPアドレスが表示されていればドメインとWebサーバの紐付けは完了していることになります。一方、Address: のところに異なるIPアドレスが表示されていたり、エラーが表示された場合はまだ紐付けは完了していませんので、完了するまでもう少し待つ必要があります。

まとめ

お名前.comで取得したドメインとXSERVERのWebサーバとの紐付けは下記の2ステップで行うことができます

①サーバーパネルからネームサーバを確認
②お名前.comの管理画面でドメインのネームサーバ欄に①で確認したネームサーバを登録

またドメインとWebサーバの紐付け情報は「nslookup」コマンドで確認可能です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です