果たしてぼっちサマソニは楽しめるのか?

楽しめます!!私はぼっちサマソニを何度も経験していますが漏れなく楽しめています。

ここでは前日までの準備から当日サマソニ終えるまでを時系列的に追って、一人サマソニの楽しみ方を説明していきたいと思います。

サマソニチケット購入はこちらから icon

前日まで

前日までにやることは基本的にぼっちの場合でも友達と行く場合でも特に変わらないです。

やることは、

  • アーティストの予習
  • タイムテーブルの検討
  • 持って行くものの準備

です。

アーティストの予習

知らないアーティストがいるならどんな感じかは知っておいた方が良いと思います。最近ならYouTubeやAWAやApple Music等のストリーミングサービスで気軽に曲が聴けますよね。

オススメはタワレコなどのCDショップなどで視聴することです。サマソニ前ならサマソニコーナーがあると思います。店員さんのコメントも貼ってあったりイチオシアーティストなど紹介されたりしていますのでチェックしておくと良いです。

タイムテーブルの検討

サマソニ開催が近づくとサマソニのホームページにタイムテーブルが貼られます。当日どのアーティストを見るかのあたりをつけておくと計画的に行動できます。

結構友達と行くとここはもめること多いです。なんせ音楽の好みは千差万別ですからね。ぼっちだと好きな時間に好きなアーティスト見れるのはいいですね。

持って行くものの準備

当日持って行くものは事前に準備しておきましょう。

私的に必須なのは

  • 衣服・靴(当たり前w)
  • チケット
  • 帽子
  • スマホ
  • スマホ充電器
  • 財布

くらいです。

天気にもよりますが私は麦わら帽子・Tシャツ・ハーフパンツ・クロックスで参戦予定です。クロックスオススメしていますが、ステージの前の方でガンガンモッシュしようと思っている人は脱げて無くさないように気をつけてくださいねw

チケットは忘れるとサマソニ終了なので必ず持って行くように!

ぼっちは特にスマホ充電器はあった方が良いと思います。待ち時間や移動時間に話す相手がいないので自然とスマホいじる時間が増えます。ぼっちでスマホ使えないのは致命的に暇なので注意です!

会場で財布をなくさないように注意しましょう。チェーンとか付いていると心配しなくて済むので良いかもです。私は財布無くしたことがあって現金だけでなく免許やクレジットカード、家の鍵など全てをなくしました・・・。なくすとほぼ出てこないと考えたほうが良いです。無くさないような工夫をしたり、無くしたときのダメージを減らすために持って行くものには気を使いましょう。

カンカン照りだったりすると外で見る時に帽子はあると熱が凌げてオススメです。

下記はお好みで準備しましょう。

  • カバン
  • 日焼け止め
  • タオル
  • 制汗剤系
  • 換えの服
  • サングラス

タオルは持って行かなくても現地で買うこともできます。バンドTシャツなんかも売っています。ただ購入するのに並ぶ必要があるときもありますので、持って行くのが無難かもしれません。

飴は熱中症対策にあると良いです。

当日朝

フェスなので当然体力必要です。ゆっくり寝て当日朝を迎え、朝飯もしっかり食べましょう!

私は大体9時くらいに着くように出発しています。早く行っても暇なのですがサマソニの雰囲気好きなので出来るだけ満喫したいのです。

私は有楽町線から新木場で京葉線に乗り換えて海浜幕張まで行くのですが、新木場あたりからサマソニ客が多くなってテンション上がってきます。

客多いですがこの時間で一人だと座れるのでここもぼっちでお得なところですね。あと京葉線だと夢の国目当ての乗客も多く舞浜駅で結構降りる人多いです。なのでディズニー目当てっぽい人の席を狙うのもいい案だと思います。

会場到着

会場に到着したらチケット見せてリストバンドを巻いてもらいましょう。これ付けておけば会場の出入りが自由になります。

きっと会場行くとあなたも気づくと思うのですが、サマソニにぼっちって意外と多いです!自分がぼっちでも気にせず楽しめます!

荷物多い方は会場到着したらまずロッカーを確保することをオススメします。ロッカーは早い者勝ちなので注意が必要です。もしロッカーなくてもクローク使えるので必要に応じてクローク使って荷物を預けましょう。特にフィナーレ直後だとクロークでの受け取りに行列できて待つ必要が出てくるのでロッカーの方がおススメです。

荷物預けて身軽になったらあとは好きなアーティストのライブ見に行く、グッズが欲しいなら物販に買い物に行ったりしましょう。

物販はちょっとぼっちだと辛いですね。正直待ち時間がすごく長いので話す相手がいないと暇でしょうがないです。まあスマホでサマソニの情報仕入れたりマイタイムテーブル練り直したりして時間を潰しましょう。

ただ朗報があって、今年からサマソニでも電子マネー解禁らしいです。現金から電子マネーに変わることで待ち時間緩和されると思います!

午前

ロッカーに荷物預けて身軽になったらあとはサマソニを楽しむのみです。ライブ見るのも良いですし、ビーチに行ってまったり過ごす、ビール飲む、などもありです。私は天気がいいとビーチあたりでビール飲むのが好きですw朝はまだ見たいアーティストも少なかったりしますし。真夏のビーチとビールを楽しむのもありですよ?

初めて参戦する方はいろんなステージを回って見るのも良いですね。それぞれのステージに特色があってそれだけでも楽しめると思います。

サマソニガールという可愛い女の子や水着のコンパニオン(?)も居たりしますのでそう行った方達を観て癒されるのもありです。

ライブ以外にもお笑いやって居たりいろんな細かなイベントやってたりもしますので体力あるうちに会場回るの良いと思います。マリン・ビーチとメッセでは結構距離がありますがシャトルバスも出ています。バスだと涼しいですし、何より楽ですのでオススメです。活用しましょう!

午後

昼時になればしっかり昼飯を食べましょう。メッセの中なんかは涼しいですし飯屋の種類も多くてオススメです。

地べたに座って飯食うのもアリです。いつもなら行儀が悪いと言われますが、サマソニ会場ならたくさんそういう人がいます。

ライブに疲れた時にオススメなのは空いてるステージに行って後ろの方で寝転ぶことです。実際そういう人多いですよ。私も疲れたら寝転んでます。寝転びながら聞くサマソニも良いものですよ。

こういうを自由自在に取れるのもぼっちのいいところ・楽なところですね!

サマソニ始まるとSNSや掲示板等でライブの感想たくさん書き込まれるのでそれでも見ながらゆっくりしましょう!

カンカン照りの場合、マリンステージなんかはものすごい暑さです。特にステージの前の方まで行ってモッシュなんかやってると一気にヘロヘロになります。熱中症になって運ばれる人も多いです!水分しっかり取って対策しましょう。

フィナーレ〜帰宅

夕方になってくると少し涼しくなり、マリンやビーチスタジアムでもライブ見やすくなってきます。大物アーティストのライブも増えてくる時間帯ですね。最近は客数が減ってきているので心配ないと思いますが、入場規制がかかる場合もありますので早めに会場に向かうようにしましょう。

フィナーレは花火も上がって感動的です。さみしいですがもう帰る時間ですね。特にマリンのアリーナで見ていると客が多いので会場から出るのにすごく時間がかかるので気をつけましょう。場合によっては少し早めに会場を後にするのもアリだと思います。それだけで会場から出られる時間が大きく変わります。

実はこの帰宅が一番しんどいですね。ここまででかなり体力使っていると思うのですが、帰りの電車は基本的にパンパンの満員電車でさらに疲れます。駅に入場規制が入ってホームまで行くのに待たなければならないケースもあります。会場で少し時間を潰してから帰るのもありかもしれませんね。

帰りの電車はサマソニの客でいっぱいです。ここがちょっとぼっちの辛いところですね。みんなサマソニの話題で盛り上がっているのですがぼっちだとそれができないですから。まあでも疲れていると思いますし、座れているなら寝ることもできますし、ゆっくりスマホでSNSや掲示板のサマソニの書き込みを見て余韻に浸るのもアリです。

京葉線はかなり混みますが、乗り換えをすると少し空きます。本当に疲れているなら電車乗るの1本遅らせて座ってもいいかもしれません。一人だとこの辺りの調整が自分の都合でできるので良いですね。

まとめ

ぼっちでもサマソニは楽しめます!むしろ楽な部分も多いですし、単純に音楽やライブを楽しむなら一人はオススメです。会場にもぼっちの人多いので人目を気にする必要もありません。

私はサマソニ参戦することは決めているのですがまだどの日に行くか迷ってます。今年はぼっち参戦です。8/19(日)は確定で、あとはソニマニ行くか18日参戦するか・・・、といったところで迷ってます。まだまだチケットは残っていそうなのでもう少し迷おうと思います!

サマソニチケット購入はこちらから icon

チケットぴあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です