話題騒然の「カメラを止めるな!」観てきました!

結構前から話題だった「カメラを止めるな!」をやっとこさ観てきました。

映画館は日比谷のTOHOシネマズ。見渡した感じほぼ満席だったと思います。

全然この映画のこと知らなかったのですが、5ちゃんねるの映画作品・人板で勢いが高かったこと(2018/8/13時点で勢い1位!)、Yahoo!映画のユーザレビューがやたら高かったこと(2018/8/13時点で4.4点)が気になって軽い気持ちで観てきました!

調べてみると、制作費は約300万円と低価格。最初は上映してる映画館も少なかったですが口コミ広がって今や多くのところで上映してます。

実際観ましたが、自分なら5点満点なら5点付けちゃいますねー!ホラーコメディージャンルに位置付けられていますが、全然怖くないです。ちょっとグロいところもありますが…。どちらかというとコメディー。ホラー苦手な人も気にせず見に行きましょう!

ここでいろいろ語っちゃいたいですが、この映画は前知識0で観た方が絶対面白いです、まだ観てない人はここでブラウザバックし、観た後にまた見に来てください!

 

ここからネタバレあり!

 

 

 

 

この映画は2部構成です。

最初の30分くらいは普通(しかしいろいろツッコミどころの多い)のホラー番組です。あんまり怖くないですが。ところどころ「ん?」って思うところもありますし、完成度低くて驚きました。エンドロールのときにはポカーンとしてました。しかしこれが伏線なんですねー。

ひと通り出来の悪い番組部分が終わると次は一ヶ月前に話が戻り、この番組の制作秘話に移ります。ホラー番組はワンカットの生放送で、これだけでも厳しいのに番組当日にキャストが来れないというアクシデントが起こります。

そこで出演することになるのが監督役のおじさんとその奥さんです。この二人ホラー番組の中でかなり味がありましたが実は急遽出演することになった二人。そして、この二人を交えてとうとう撮影が始まります。

ここら辺からはもうコメディー色が強くなります。実際の撮影中に起こる面白いハプニングの数々。満員の映画館の中で観てましたが笑い起きまくってましたねー。私も笑いまくってました!特にお腹壊してた人が面白かった。

でも笑いだけでなく、最後の方は心あったまるシーンも訪れます。監督役のおじさんが娘を肩車するシーンも、伏線があって感動的でした。

また一番の感想は、やっぱり作品作るって素晴らしい!いろんな努力やハプニングがある中で一つのものを作り上げる過程が描かれていて感動的でした。若い日に観てたら映画制作スタッフ目指してたかもw

あと映画でこんなに笑ったのは久しぶりです。映画で癒されたい人にもおススメです。

この作品、リピート率も高いらしいです。たしかに1回目だと冒頭のホラーシーンはポカーンと観てしまいますよね…。でもネタ分かってるなら2回目は伏線探したり、それがどう繋がるかを考えながらまた違う楽しみ方もできそうです。

前知識0で見た方が良いと自分で書いていますが、正直ネタバレ読んでても楽しめる映画だと思います。多分この映画はそのネタバレを上回ってくると思う。ネタバレと言ってもどうせこの映画の構成であったり、後半は制作の裏側を写している、といった程度のことでしょう。あのコメディー感はネタバレあっても面白いと思います。これだけ評判いいんだから結局「何かあるぞ!」って身構えて観ちゃうだろうし。

久しぶりにいい映画に出会えた気分です。連休中は映画にハマろうかな・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です