本気で実務レベルのプログラミングを身につけたいなら「テックアカデミー/TechAcademy」

このページをクリックされたということは、下記のようなことに興味や不安を持っている方ではないでしょうか?

  • プログラミング技術を身につけたい
  • プログラミング関連の仕事に転職したい
  • 独学かプログラミングスクールで迷ってる
  • テックアカデミーに興味あるけどここに決めるのに決め手に欠ける
  • そもそもテックアカデミー難易度高いらしいけど大丈夫?

このページでは、プログラミングスクールでプログラミングを学ぶことと、テックアカデミーの特徴について説明します。テックアカデミーに申し込むかどうかの検討に是非参考にしてください。

「独学だけ」か「独学+プログラミングスクール」か?

まずはプログラミングの学び方について悩んでいる方向けに「独学だけ」か「独学+プログラミングスクール」のどちらの学び方が良いかについて説明していきたいと思います。

結論を最初に言うと、実務レベルのプログラミングを学びたいのであればプログラミングスクールを利用する方がオススメです。

ハイレベルな疑問点も解決できる

プログラミングは独学だけでも学ぶことは可能です

分からないことは検索すればほとんどのことが出てきますからね。参考書も多種多様のものが発行されており、自分の学びたいプログラミング言語を自分に合った参考書で学んでプログラミング入門ができるでしょう。しかもかなりお安く学べこともできます。ネットで全て調べればタダで可能です。

ただしこれは入門レベルの話で、もしあなたが実務レベルのプログラミングスキルを身につけたいのであれば私はプログラミングスクールの利用をお勧めします

なぜなら独学だけでは基本的に入門レベルのプログラミング程度しか身につけることができないからです。実務レベルまで達しようとしても途中で挫折する方が多いのではないかと思います。

この理由はネット上や参考書の多くのプログラミングの知識はほとんどが入門レベルのものだからです。

初心者向けのサイトや0からプログラミングを学べるサイトは多くありますが、何かに特化したハイレベルなプログラミングを教えているサイトは一握りだと思います。

ですので、自分でハイレベル・実務レベルのプログラミングを身につけようと努力したとしても、途中でわからないことが出てきて何かにつまづいた場合、ネットで検索したとしても答えを見つけることができない可能性が高いです。

特にハイレベルな技術を身につけようとすればするほどこの傾向が強いと思います。

このつまづきがプログラミング学習の挫折につながります

しかし、プログラミングスクールであれば、プログラミングのプロフェッショナルが疑問点に対して答えてくれるため、ハイレベルな質問や疑問にも解決策や解決の仕方・方向性を提案してもらうことが可能です。これにより学習でのつまづきがあったとしても、それが挫折につながることなくハイレベルなプログラミング技術を身につけていくことができます。

課題が与えられる

プログラミング技術を身につける上で必要なことの一つはより多く・いろんな種類のプログラムを書いてみることです。

しかし、プログラミング技術を身につけたいと思っている方でも、「作ってみたいプログラムやアプリは特に思いつかない」という方は多いと思います。

また「どんなプログラムを書けば力がつくか分からない」、「自分のレベルにちょうどいいプログラムは何か分からない」という方も多いのではないでしょうか。

こういう場合にあると良いのは演習問題や課題ですね。参考書なんかでも章末には演習問題がついていますよね。

プログラミングスクールではカリキュラムに合わせて課題が設定されていますのでプログラムを書く良い機会を与えてくれます

入門書などのような簡単な課題ではなく実務レベルに達するための課題が与えられますのでよりハイレベルなプログラミングを行う機会が与えられるのはプログラミングスクールのメリットです。

逆に書くプログラムが無いとプログラミング学習の挫折やモチベーションダウンに繋がります。私も「どんなプログラム書いてみようかな〜」と考えても何も思いつかなくて結局プログラム書かなかったという経験たくさんしてきました・・・。

またプログラミングスクールではあなたの作成したプログラムを他人から評価してもらうことができます

自分のプログラムの悪いところを指摘してもらえばその点を修正できますのでプログラミング技術を向上することが可能です。また自分のプログラムの良いところを評価してもらえればモチベーションアップにも繋がりますよね。

自分の書いたプログラムを他人に評価してもらうことは、独学だけでは難しいですが、プログラミングスクールだと講師やメンターから評価してもらうことができます。

モチベーションを保てる

ここは上記2点で記載している通りですね。

プログラミング学習でつまづいてしまってモチベーションが下がることを防ぐことができます。

また課題を設定してくれたり、課題を評価してくれますのでモチベーションアップにも繋がります。

以上の3点より、本気でプログラミングを学びたい・職にしたいという方にはプログラミングスクールの利用をオススメします

ただし、プログラミングスクールに頼りっきりという学び方は絶対にオススメしません

基本は独学だと思います。自分で学ぶ姿勢は必要です。

どうしても自分で解決できない問題が出てきたときにプログラミングスクールを頼るようなスタンスが良いと思います。なのでオススメする学習スタイルは独学+プログラミングスクールです。

テックアカデミーの特徴

続いてテックアカデミーの特徴を見ていきましょう!

オンライン完結

申し込みから学習まで全てオンラインで済ませる事ができます。

ですのでどこかの会場に遠出したり、誰かに会いにいったりする必要ありません。

またどこに住んでいても受講する事が可能です。

受講生に1人ずつパーソナルメンター

メンターとは「指導者」「アドバイザー」みたいな役割で、あなたの学習をサポートしてくれる人です。

受講生一人一人にメンターがつきますので、あなたにあった学習の仕方をサポートしてくれます

メンターは現役エンジニア

ここはテックアカデミーのウリの一つですね。

上で説明したように実務レベルのプログラミング技術を学習していく上では、不明点・疑問点が出てきてもネットでの検索では解決できないことも多いです。しかし、その分野で実務をしている現役エンジニアがメンターであれば、ハイレベルでマニアックな不明点・疑問点についても的確に解決 or アドバイスする事が可能です。

他のスクールだとメンターに大学生や講師の方を採用しているところもありますが、やはり実務レベルや特化した技術を身につけていく上では、その分野で実務をされている現役エンジニアの方が深い知識を持っている方の方がメンターとして向いているのではないかと思います。

チャットで質問可能

これはオンラインならではのメリットで、テックアカデミーの良いところです。

不明点が出てきてそこでつまづいてしまうと、それを解決できるまで学習がストップしてしまうことが多いと思います。

しかし、チャットで質問できれば不明点が出てくればすぐに解決方法 or アドバイスを教えてもらう事ができますので、すぐに学習を再開する事可能です。

ただしコースによってチャットに対応してくれる時間帯が異なるようなので、その点は注意が必要です。

基本チャットサポートは15〜23時に設定しているコースが多いようです。23時まで対応してくれるので昼間時間のない社会人の方でも安心して質問する事が可能です。

自分の作りたいサービスやアプリの開発もサポート

出題した課題だけでなく自分の作りたいオリジナルサービスやオリジナルアプリの開発もサポートしてくれます。これはメンターが深い知識を持っている現役エンジニアだからこそ可能なサービスですね。

難易度高め

他のサイトでテックアカデミーの評判を見てみると「難易度が高い」「難しい」という意見が多くみられました

難易度の高さについては2つの側面の意見が多くみられました。

カリキュラムが難しい

これはむしろメリットなのでは・・・?と思ってしまいました。

よりハイレベルな技術を身につける上ではカリキュラムが難しくなるのはしょうがないですし、むしろ難しい分、力をつける事ができることをメリットとして捉えるのが良いのではないかと思いました。

ただし、全くプログラミングを経験した事がない人にとってはやはり難しいカリキュラムになっているようです。あとの注意点で説明しますが、一度プログラミングを経験してから受講するのをオススメします

教科書が難しい

ある程度の知識があることを前提に教科書が記載されているようで、全く知識がない方には難しいと感じるようです。

これはもう分からない言葉や知識は検索しながら学習を進めていくしかないですね。教科書に記載されている内容レベルであれば検索で情報得られるのではないかと思います。

ただこれもIT業界を志す人にとっては良い勉強になると思っています。

なぜならこの学習の進め方でIT業界で働く上で必須となるネット上での情報収集力向上や検索の勘所を掴んでいけるからです。

私もプログラミングや情報系の業務をした事がありますが、業務を進める上でわからない単語や知識・プログラミング技術などは必ず出てきます。なので検索して知識を補いながら業務を進めていました。

特にIT業界のような技術の進歩が激しい分野では、業務を進める上でネット上の情報で補っていく力は必須です。

その業界で働くことを志すのであれば、検索の仕方の勘所をつかんだり、情報収集力を高められるいい機会と思って難しい教科書にも立ち向かっていくことは良い学習になると思います。

スポンサーリンク

テックアカデミー登録前にやるべきこと

テックアカデミーの料金プランは例えばJavaコースでは下記のようになっています。

・4週間プラン

 社会人:129,000円

 学生:89,000円

・8週間プラン

 社会人:179,000円

 学生:119,000円

・12週間プラン

 社会人:229,000円

 学生:149,000円

・16週間プラン

 社会人:279,000円

 学生:179,000円

※税別料金。2018/10/8時点の料金プラン。

この料金をどう捉えるかは人次第だと思うのですが、やっぱりそれなりに高額に感じる人も多いのではないでしょうか。

ですので、受けるかどうかはしっかり下調べをしてから登録しましょう。

ここでは登録する前にやっておいたほうが良いことを記載しておきますので参考にしてください。

無料体験を利用

実際にどんなことを学べるかやどのような学習環境であるかを知るためにも、必ず無料体験は利用しましょう

↓のバナーから無料体験会への応募が可能です。

自分にあった料金プランの検討

料金プランは各コースで4つずつ設定されており、それぞれで期間が異なります

短期でコースを修了して早く実務に就きたいという方も多いかもしれませんが、その分負荷が高くなります。

ですので、自分が週に使える時間や自分のプログラミングのレベルに応じて慎重に検討しましょう

ちょっと余裕を持ったコースにするのが良いのではないかと思います。難しいのにして挫折してしまうとお金がもったいないですからね。

プログラミングの体験

これは特にプログラミング初心者の方にやって欲しいことです。

一度自分が受講したいコースのプログラミングを経験しておくことをオススメします。

  • 自分のPCでそのプログラミングを行うための環境を構築
  • 実際にプログラミング
  • 作り上げたプログラムを実行

これくらいは1度体験してから料金プランの検討をする方が良いです。入門書一冊くらい簡単に目を通してからでも良いかもしれませんね。

一度もそのコースのプログラミングに触れた事がないのに受講するのはリスクが高いと思います。

なのでプログラミングを経験してから受講する方が良いと思います。またこれによりコースの序盤でのカリキュラムを楽にこなしていけるようになりますので気持ち的にも楽になると思います。

私のホームページではWebやWordPressの仕組みや導入の仕方も紹介していますので、WordPressコースを受けようか迷ってる方は勉強に活かしていただけると幸いです。

Webページ表示の仕組みと表示までの流れ ワードプレスの仕組みを「構成」と「PHPの動き」から解説 エックスサーバーでのワードプレスのインストール手順を解説 エックスサーバーでのワードプレスのインストール手順を解説

まとめ

・実務レベルのプログラミング技術を身につけるのであれば、独学+プログラミングスクールがオススメ

・テックアカデミーであれば現役エンジニアのメンターがつくのでハイレベルな疑問もチャットですぐに解決可能

・難易度が高いためよりハイレベルな技術を習得可能、情報収集力も身につけよう

・登録する前には必ず無料体験会に参加すること!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です