C言語でポインタを使いこなすための学習ページ

このページではポインタ関連のページをまとめ、リンクを紹介しています。全て図を用いた解説を行い、プログラムの実例も載せていますので、ポインタが何かをイメージしやすく、またどのように実装すれば良いかを理解できるようにしているつもりです。

ポインタに慣れる

下のページではポインタを理解する上でメモリ空間をイメージし、メモリ領域を指す矢印として考えることが重要であることを解説しています。この考え方が身につけば、ポインタへの苦手意識も無くなり、ポインタを使いこなせるようになるはずです。

ポインタ解説ページのアイキャッチ徹底図解!C言語ポインタを初心者向けに分かりやすく解説

下のページではポインタの型の意味するところ、ポインタの型の違いによってプログラムの動きはどう変わるかを解説しています。ここを理解すればポインタについての理解もグッと深まります。

ポインタの型の解説ページのアイキャッチC言語のポインタの型の意味は?

下のページではポインタの知識必須のリスト構造について説明しています。リスト構造が理解できればポインタの理解もバッチリだと思います。

リスト構造をC言語プログラムの実例を用いて解説

ポインタに慣れればダブルポインタもすぐ理解できる

まずはダブルポインタとは何かを理解しましょう。下のページではダブルポインタを用いたプログラムとその動きを解説しています。

ダブルポインタがポインタを指す様子C言語のダブルポインタ(ポインタのポインタ)を解説

下のページではダブルポインタを2次元配列として扱うプログラムとポインタの動きを解説しています。

スポンサーリンク

関数もポインタで指すことが可能

関数もメモリ空間上に存在するものですのでポインタで指し、それを参照して実行してやることも可能です。下のページでは関数ポインタを用いた実際のプログラムとその解説を行います。

徹底図解!C言語の関数ポインタについて解説徹底図解!C言語の関数ポインタについて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です